いずみホールディングスとはどのような会社なのでしょうか?

いずみホールディングスは、北海道の外食産業関連の食品卸をしている会社です。
一般的な食品卸の会社と大きく異なっているのが、いずみホールディングス独自の流通を便利かつスピーディにすることができるラプラットフォームの構築を実現させたことです。
この独自プラットフォームによって、生産者に労働に適した報酬を得られるようになり、消費者は単にリーズナブルだからといった理由で、外国産の野菜を食べるのではなく、安心かつ新鮮な野菜をリーズナブルな価格で食べられるようになってきているのです。
いずみホールディングスは、泉卓真さんが代表を務めている食品卸売会社です。彼のの作り上げたプラットフォームでは、これまで多くの中間業者が関わっていた部分を、コンピューターを使って簡素化することに成功したのです。
これにより従来かかっていた中間マージンの削減だけでなく、時間の短縮、正確性の向上など色々な部分で生産者にとってプラスになる要素が沢山あったのです。
当時は新しすぎて受け入れにくいと言われておりましたが、今では北海道だけでなく全国に泉卓真さんの作った流通方式を採用している企業が増えてきております。